「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」(アイヌ新法)が19日成立した。(維新と希望は反対)アイヌ民族を「先住民族」として、初めて法律に位置付けられた事は大きな一歩と言える。しかしアイヌの人たちの中には、諸外国に習い自決権やそれを保証する領域などが盛り込まれなかった事に不満も無いわけではない。しかし一方でアイヌ政策の支援などが「特権」と見られ、支援に反対の意見も存在している。国は新たな差別につながり得るとして慎重姿勢だが、私も同感だ。広く国民の理解を得ながら一歩ずつ改善を図るべきだと考える。そしてハワイや豪州、米国インディアン、サミー族などの事例を検証して、日本らしい形を考えたいと思っている。この法案には維新と希望が反対した。ウポポイがハコモノ政策だというのが反対理由だそうだが、関係議員のネットでの発言を見ると別の理由があるかもしれないと思った。更に、ネットの投稿を見る限り、差別は明らかに存在している。残念だけれどそんな意見は無視して、文化振興や言語保存など民族として誇れる気運を醸成するというのはどうだろう。





アイヌ新法成立


「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」(アイヌ新法)が19日成立した。(維新と希望は反対)アイヌ民族を「先住民族」として、初めて法律に位置付けられた事は大きな一歩と言える。しかしアイヌの人たちの中には、諸外国に習い自決権やそれを保証する領域などが盛り込まれなかった事に不満も無いわけではない。しかし一方でアイヌ政策の支援などが「特権」と見られ、支援に反対の意見も存在している。国は新たな差別につながり得るとして慎重姿勢だが、私も同感だ。広く国民の理解を得ながら一歩ずつ改善を図るべきだと考える。そしてハワイや豪州、米国インディアン、サミー族などの事例を検証して、日本らしい形を考えたいと思っている。この法案には維新と希望が反対した。ウポポイがハコモノ政策だというのが反対理由だそうだが、関係議員のネットでの発言を見ると別の理由があるかもしれないと思った。更に、ネットの投稿を見る限り、差別は明らかに存在している。残念だけれどそんな意見は無視して、文化振興や言語保存など民族として誇れる気運を醸成するというのはどうだろう。





 

ブログトピックス

オスプレイ


北海道でのオスプレイ参加の反対理由は「機種が危険」という理由らしいが、玉城沖縄県知事の見解は違うようだ。自衛隊のオスプレイはOKで米軍のはダメ???





誰かが変えなければ…


そろそろ変えなければ…政治の場面では当たり前に言われるけれど、その「本音」からどこかで誰かが脱しなければと思う。TVでは桜田前大臣に「選挙上手で、順送り人事の弊害だ。政治屋そのもの」と厳しい批判もあった。





選挙は誰のため??


「オバマ前大統領の再来」と称される米民主党のオルーク氏。指名争いはこれからですが、驚くことに中間選挙では敗れはしたものの小口献金が積み重なって史上最高の$7,900万(約87億円)を集めたというのです。日本との違いに驚かされます。





首長は自治体経営者です!


さすが高橋市長!与えられた環境をいかに地元自治体の為に役立てるか?頼るところは頼って言うべきことは上手く…鈴木候補もそのスタンスで!
野党候補には5野党幹部が応援に駆けつけた。鮮明にアンチ政府を表して、本当に地方自治体の首長を務める自信があるのだろうか?北海道は大変なことになる。





道議選挙始まりました!


おはようございます。本日北海道議会議員選挙が告示されました。「藤沢すみお」は5期目の挑戦を宣言します。16年間の経験を十二分に発揮して、道議会や自民党での責任ある発言と行動をとり、日高管内及び北海道の発展のために全力で責任を果たします。私の目標は、ズバリ日高の「経済と教育」の立て直しです。経済は観光を軸にそれに関わる様々な産業を関連づけて、日高のブランド化の流れを作っていきたいと思います。それは食や食材の磨き上げにもつながり、交流人口の増加にもつなげます。また経済の活性化は人口減少対策、そして医療や福祉分野へも貢献できるはずです。私はこの成果を見える形にするつもりです。そして日高の未来を考えた時、教育は欠かせない未来への投資です。高校教育の改革を実施つつ、義務教育での学力向上つまり学力テストの最下位からの脱出を目指します。それには教育現場の努力に加えて、地域の協力も不可欠ですから、地域全体で危機感を醸成し、これまでのやり方を見直し、より強力なものに舵を切りたいと思っています。今日から始まる選挙戦、どうぞ皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。





ニュース

>>News Archive

page top ▲