ホーム > ブログ一覧 > 寂しいけれど…

寂しいけれど…

2010年12月5日(日)掲載

cd09ab99491bbcadef91eea4c311ea0a.jpg 3.jpg

 歌笛小学校閉校式出席。112年の歴史に幕を閉じます。
新ひだか町三石地区3校目の閉校で、酒井町長の母校でもあります。
 昭和二十年代には最高で505人の在校生を数えるも、
現在は44人と時代の流れを象徴しますね。
 「昔はよかった」と言ってもなにも変わりません。前向きに
子どもの為の統合であって欲しいと思います。それにしても、
過疎化を国家的課題として、根本から見直す対策が必要だと
改めて感じます。
 過疎対策は私の議員としての、メインテーマのひとつです。

*同じ小学校でも、子どもたちの挨拶や様子など、ずいぶん
雰囲気が違うものです。これが学校経営の違い?

北海道議会議員 藤沢澄雄

 

コメント

うたちゃん

歌笛小な児童は礼儀正しかったのかな?、昔の卒業生は気になりました。閉校 残念です・・分校化案もなかったかな。通学時間延長の問題、学力低下、クラブ活動の制限・・地域社会崩壊等・・・気になります。

2011年02月4日(金) 4:32 PM

コメントを投稿

※管理人にのみ表示されます。
コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Gravatarで登録されている方は、アバターをご利用いただけます。

page top ▲