ホーム > ブログ一覧, 道政解説 > 呆れた北教組総会議案書1

呆れた北教組総会議案書1

2010年10月6日(水)掲載


内容を紹介します。
「昨年の衆議院選挙において…労働者・市民の側に立つ政治の実現を求めてたたかいました。その結果、日政連「横路孝弘」「鉢呂吉雄」「小林千代美」衆議院議員を勝利させ…私たちの組織の総力をあげたたたかいの成果といえます。」
教育公務員は「特定の政党を支持し、又はこれを反対する目的をもって、あるいは選挙において政治的行為をしてはならない。」(要約)とされています。更に「本条の規定は、職員の政治的中立を保障することにより、地方公共団体の行政の業務の公正な運営を確保することを目的とするものである。」(要約)とあることからも明らかなように、北教組は堂々と法律を破って活動を行っているのです。この体質をなんとしても変えなければなりません。

 

コメント

sapporo_fwosan

検証 北海道の教育 : 企画・連載 : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://bit.ly/arX8BB ← なんとかせねば・・・ 学校が愚鈍生産施設化してしまう・・・

是非、御 通読頂ければと・・・

2010年10月7日(木) 5:33 PM

藤沢 すみお

藤沢 すみお

早速特集を読ませていただいています。情報提供に感謝です。

2010年10月8日(金) 2:43 PM

コメントを投稿

※管理人にのみ表示されます。
コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Gravatarで登録されている方は、アバターをご利用いただけます。

page top ▲