ホーム > ブログ一覧 > 原発新設…えっ?

原発新設…えっ?

2011年9月7日(水)掲載

藤村官房長官は野田首相の「原発の新設を認めない」との発言に関して、すでに建設に着工している原発は「新設」に含まないと説明しました。

私は、脱原発を目指す趣旨から、これは賛成できない。今あるものを慎重に耐用年まで活用しながら代替エネルギーを探すべきで、着工済みを認めることで、脱原発を先延ばしすることになる。危険があるから脱原発であって、危険を増やすべきではない。

北海道議会議員 藤沢澄雄

 

コメント

ゴマ

中立の立場、脱原発の立場から、ぜひ知事の北電役員からの献金問題にもするどく質問してください。
ついでに、こんなに杜撰な管理体制の原発をこうも再開容認した経緯も。

2011年09月8日(木) 3:56 PM

藤沢すみお

北電からの献金はまったく問題ないと考えています。合法的ですし、それがだめなら”献金”自体がすべていけないというようになってしまうと思います。

2011年09月9日(金) 10:17 PM

ぷんぷうぃ  

北電やらせ指示 プルサーマル白紙も 道・道議会は態度硬化(08/29 15:31、08/29 17:00 更新)
 北海道電力泊原発(後志管内泊村)3号機のプルサーマル計画に関する2008年10月のシンポジウムで、同社が社員に対し、会場で計画推進の意見を述べるよう促す「やらせ」をメールで指示していたことが発覚した。北電がプルサーマル実現のため世論を操作していたといえ、道などは態度を硬化。計画自体が宙に浮く可能性も出てきた。原発全体の信頼にもひびが入り、定期検査で停止中の1、2号機の再稼働にも大きな影響を与えそうだ。<北海道新聞8月27日朝刊掲載>

>>北電が社員に対して、プルサーマル計画推進の意見を述べるよう促す。メールを指示していた。
だったら、ソースを出さないと。。。。もう10日以上も経過してるけどね。
ついでに言うなら、問題のあったシンポジウムからは約3年経過してますね。

簡単に言うと。。。会社が会議の前に、会社の事業に対して賛成するように。。。という内容を社員に指示をした。
ということだけど。。。。これって、「ヤラセ」になるわけ?

北電がプルサーマル実現のため世論を操作。。。はぁ??
会社が社員に指示した内容がどうして世論操作になるわけ?  
どうして???

100歩譲って、会社以外の人や社員の親族を通してそのような依頼をしたのであれば
北電が世論操作してると非難されてもしかたがないが・・・・でも違うでしょ。
指示した相手は社員でしょ。これは世論操作と言わんでしょう。。。

道新オカシイね。世論操作はあんたの方でしょうが。。。。。しかも、常習犯。
いい加減して欲しいね。2008年のシンポジウムだって。。。。3年前の話を今頃、持ち出して
どうしたいの?道新は? これを世論操作と言はずして、何と言う。

2011年09月11日(日) 1:29 AM

コメントを投稿

※管理人にのみ表示されます。
コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Gravatarで登録されている方は、アバターをご利用いただけます。

page top ▲