ホーム > ブログ一覧 > 稚拙な政治・・

稚拙な政治・・

2011年6月8日(水)掲載

ポスト菅の話題ばかりがマスコミで取り上げられ、「こんな時に・・・」と政治不信がますます大きくなっているようです。今国民が求めていることは、一日も早い挙国一致の体制作り、そして政争の話題ではなく、震災復興対策や経済不安をどう立て直すかの明確なメッセージの発信なのではないでしょうか。

民主党は「首相は辞めたら口を出すべきではない」と言った前首相と党員資格停止処分中の小沢氏が、堂々と菅降ろしの主導権を握るという、おかしな政党です。鳩山さんは「自分の努力で菅さんが早期退陣を決意した」と言いたいのかもしれませんが、そもそも国の一大事に余計な動きをしたことで問題が大きくなったと私は考えます。これが典型的な“マッチポンプ”。さらに驚くことに、いつ辞めるのかが不透明という詰めの甘さも、更なる混乱を招いています。

“菅降ろし”は国民のためだと鳩山さんは言っていましたが、その言葉を誰が信じるというのでしょう。菅首相と交わした「確認事項」を見ればその“ウソ”が一目瞭然です。

それは、三項目からなりますが、一番目に「民主党を壊さない」、二番目は「自民党政権に逆戻りさせない」と書かれているのです。この内容のどこが国民のためと言うのでしょうか。そして三番目にようやく「東日本大震災の復興、救済に責任をもつ」となっていますが、これこそが、いの一番にあげられなければならない項目のはずです。

ただし自民党の行動も国民の理解を得たとは言えません。首相が替われば大連立も視野に入れると最近になって言い始めていますが、内閣不信任案提出時に明確にそのことを発信しなければならなかったのだし、仮に内閣総辞職ではなく解散・総選挙にでもなっていたら、正しく政治の空白を作り、国民のひんしゅくを買うことは間違いなかったはずです。絶対に解散しない自信があったのでしょうか。もし、それがないままに内閣不信任案を提出したとするならば、無責任と言わざるを得ません。

私は地方議員ですが、多くの国会議員をみてきた経験で言うと、国会議員も国民も一人の人間として何も変わらないということです。血筋がどうであろうと生まれつきの政治家はいないはずだし、人間として立派な人もいればそうでない人も大勢いるようです。酒癖の悪い人や恫喝する人もいました。そんなどこにでもいる人々が日本の政治を動かしているのだということを理解してほしいと思います。

鳩山さんの言動を見ると、ウソを平気でつく(腹案発言など)、発言をころころと変える(次期出馬はしない・・)、裏切る(沖縄県民へ)など、私は人間として信用もできなければ、尊敬もできません。肩書きも何もない状態なら、どれだけの人の心をつかむことができる人なのか、はなはだ疑問を感じます。

さらに、今回の言動を見ると、すべてが幼稚にすら思えてしまうのは私だけではないでしょう。国民は選挙でその意思表示をするしかないのです。政治家や政治屋を求めるのか、それとも信用のおける“人間”を選ぶのか、この国の未来がかかる問題です。

TVでは「総理と前総理が『言った、言わない』というような“稚拙”な政治は見たことがない。」そう言っていました。

 

コメントを投稿

※管理人にのみ表示されます。
コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Gravatarで登録されている方は、アバターをご利用いただけます。

page top ▲