ホーム > ブログ一覧 > 今、できること・2

今、できること・2

2011年3月28日(月)掲載

ご意見がたくさん寄せられましたので、元の投稿を抜粋しその後ご意見と私の考えを掲載します。

首都圏では・・・「水パニック」が起きている・・・我先にミネラルウォーターを買い漁ることで、・・・蓮舫大臣がいくら「冷静な対応を」と呼び掛けても、この始末です。
国民が皆、国の一大事に「今、自分ができることは?」と考えているのなら、真っ先に「買い占めはしない」「自分は我慢する」をひとりひとりが実行することではないでしょうか。・・・
一方、・・・北電は東電に対して・・・60万キロワット・・・北海道が・・・余裕があるというのです。節電は悪いことではないのでしょうが、それが関東の電力不足を支援することにはなっていないということです。
私は無意味な自粛による経済停滞を心配しています。・・・私はそのようなキャンセルが続発することで地元のホテルや飲食業者のダメージを心配します。
これからは日本全体が復興に向けて力を合わせる時、そのうち多くのひとがそれに気がついて“自粛”の声よりも“消費”の勧めがばっこするような気がします。買い占めではなくね…

<こんなコメントを書く前にもっとやるべきことがあるのではないですか?>
*是非、何をするべきかをご指摘いただきたいと思います。

<福島原発の状況をみても自粛より経済活動ですか?泊原発をどうするんですか?住民の命より経済活動ですか?>
*私の主張は人命救助より経済活動を優先しろと言っているように聞こえるのでしょうか・・・被災地以外の地域での積極的な経済活動が人命救助の妨げになっているとは思いません。

<72時間を過ぎたからというその杓子定規的発想で物事語る前に、現状を把握しましょう。(別の投稿者が被災者の救援を優先するべき時期と述べたことに対し)まだまだ人命救助対応最優先の時間内ですよ。少なくとも経済効果を声高に訴える時期ではないでしょう。>
<百歩譲ってその論理が正しい方向だとして、だからといって消費をすすめることが復興支援となるのでしょうか?この震災と経済面をごっちゃにすることが、どうかということです。>
*いろいろな意見や感情の違いがあって当然です。まだまだ日本全体の経済を心配する気になれない人がいてもしようがないと思います。しかし、私は政治家です。目先のことだけではなく、広い視野で日本全体を見つめて、国民一人一人が「今、できることは何か」を考えてほしいと思って述べたつもりです。残念ですが、ご意見には具体的に何をするべきかが述べられていません。
また、既に私の回りでは、イベントの中止など一連の「自粛」によるキャンセルの影響が苦情となって聞こえてきています。それを考えるのも政治の役割です。
そして、自粛を優先するべきだと訴える方に聞きたいのですが、具体的にどのような状態になるまで自粛するべきだとお考えですか。

 

コメント

ゴマ

私は新潟中越地震の際に現地(正確には避難所)に赴きましたが、何をすべきかと問われれば、自衛隊や消防だけでなく、広く一般からもボランティア派遣できる体制を整えるべきです。
民間がダメなら公務員だけでも、早く投入できるよう動くべきです。
現地は間違いなく人が足りません。

公務員給与に批判的な意見もありましたが、公共の利益を考えるならそういう方法も一つかと。


経済効果は一人一人が考えますから、地元ホテルあたりで盛大に出陣式でも語る会でもやってください。

支持者は集まるでしょうし、民意が結果を出してくれるでしょう。

反対意見に言い返すだけならこのサイトの存在意義がないかと思います。
様々聞きたい話が止まってます。
今後の更新楽しみにしてます。

2011年03月29日(火) 1:45 AM

藤沢澄雄

具体的な声が聞こえだしました。ありがとうございます。
今後も、いろいろな意見を削除せずそのまま掲載し、私の意見と合わせて載せることが、多くの方々への問題提起と考えます。

2011年03月29日(火) 5:46 AM

匿名

あなた方、道議や知事が推進してきた原発が嫌プルサーマルが以前貴殿がお書き成った返答にご自身もあなたも原発の恩恵を受けたと返答されて居ましたが。何処に、原発の日高の人間が恩恵を受けたのですか?現実福島では、この様な悲惨な事がネットのニュースに成って居ました。福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、自ら命を絶った。福島第一原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。震災の被害に落胆しながらも、育てたキャベツの出荷に意欲をみせていたという男性。遺族は「原発に殺された」と悔しさを募らせる。

 自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。

 23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」

 男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。

 遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。これからどうなるのか。農家はみんな不安に思っている。もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。(西堀岳路)

関連トピックス地震アサヒ・コムトップへニューストップへこの記事を利用したブログ一覧PR情報

2011年03月29日(火) 10:15 AM

匿名

人にばかり答えを求めずに
今、自分が何をしているのか具体を発信してください…
抽象的な表現ばかりであなたが実際にこの震災に対して
道議会議員としてどのような活動をしているのか
さっぱり伝わってこないんですが…

2011年03月29日(火) 3:50 PM

藤沢 すみお

藤沢 すみお

おかしいですね。私は「買い占めをしない」「自分は我慢する」を、ひとりひとりが行うべきだと明確に発信しています。まず、そんなことから始めましょうと訴えることが、ひとつの行動です。様々なご意見はありがたいのですが、対案や具体案が聞きたいと思いました。

ただ今、議会で30日の臨時議会での質問の準備をしています。私が自民党を代表して質問する予定です。

また、私は原発による電力行政を推進してきました。そして、想像を遥かに超える災害とはいえ、”絶対に安全”とされてきた原発の信頼が完全に崩れた今、根本的な方針転換が必要だと考えています。ただし、現実問題として、北海道の電力の4割を今後どのように補うべきか、時間やコストの問題が大きく横たわっていることも事実です。今すぐに泊原発を停止するのではなく、安全性を最優先することを前提に、代替エネルギーの開発、自然エネルギーの推進を道民みんながコストを負担して補うしかないのかもしれません。簡単な問題ではないので、全道規模で議論するべきですね。

2011年03月29日(火) 4:10 PM

藤沢 すみお

藤沢 すみお

そうそう、無意味な自粛はやめようとも訴えています。このところ、各新聞の読者の投書でも、そのような声が聞こえだしました。

今回の災害での支援の様子を見聞きして、消防の消火活動を思い出しました。私は消防団員ですが、火災現場で消火活動を行うとき、誰しもがホースの筒先を持って直接消火することが大切だと思うのですが、消防ではホースの補助、ポンプ車の操作、交通整理などを分担して作業を行うことが必要です。また、消防団長は全体が見渡せる場所にいて、全体を指揮するものです。日本国民ひとりひとりが、自分はどの役割を担うか?を考えることがたいせつなのだと思います。

私は議員として、日高管内の現地調査をし、早速議会での提言と質問への対策をとっています。特に漁業被害への新しい制度構築への提言を行います。また、東北の被災者1万人規模の受け入れを道として積極的な支援を行います。

2011年03月29日(火) 4:31 PM

cp3

エネルギー政策の根本的な見直しは必要だとわたしも思います。

以下はIZA β版の記事です。
「日本エネルギー経済研究所の試算では、東電管内の2千万世帯がエアコン暖房の設定温度を1度下げるなどで49万キロワットを削減。事故を起こした東電福島第1原子力発電所1号機の出力が46万キロワットだから、その分をカバーできる計算だ。ほかにも使用時以外にテレビなどのコンセントを抜いて待機電力を削減するなど、こまめな節電で290万キロワットを削減できる。

 さらに食器洗い洗浄機や洗濯乾燥機などの使用時間をずらすことも有効だ。午前6~8時と午後6~8時に集中している利用時間を分散すれば、食洗機の節電量は43万キロワット、洗濯乾燥機は40万キロワット、電気炊飯器は38万キロワットを見込める。

 同研究所によると、これらをすべて実行すれば朝方に380万キロワット、夕方に430万キロワットの需要減が期待できる。最近の原発には100万キロワット以上の出力があり、節電効果は原子炉3~4基分に相当する。

 東電の計画停電に際しては、企業や家庭の節電効果などが功を奏して、実際の停電が避けられることも多い。各家庭が節電の工夫を積み重ねると、それだけ停電の解消にもつながる。」

これが北海道で直ぐに可能かどうかは分かりませんが
クリーンな代替エネルギーの開発とともに
このような工夫もできるのではないでしょうか?

藤沢議員の支援者には「原発を日高に!!」と言う方もいらっしゃるようですが
今回の未曾有の大災害を目の当たりにすると
議員の仰るとおり根本的なエネルギー政策の転換が必要だと思います。

また、「自分は我慢をする」ということと「無意味な自粛はやめよう」という言葉は
とらえる側にとっての主観によりどこで線を引くのか異なるので
非常に難しい問題だと思います…。
何が必要な我慢で、何が無意味な自粛なのか…
国民全てのコンセンサスを得られるきっちりとした答えは出ませんよね…。

匿名さんの攻撃的な発言もいかがなものかと思いますが
言葉は受け取る側によって微妙にニュアンスが変わるので
匿名さんのような発言が出てくるのかな…?と思います。

いずれにしても、30日の道議会では迅速で有効的な支援の方法と
今、そしてこれから、道民ができること、するべきことを
しっかりと発信していただきたいと思います。

わたしたちも削減された給与の中から2,000円を拠出し、災害復興の支援をするとともに
人的支援として被災地にボランティアを派遣することが決まりました。

思想信条は違えど、自分たちのできることをできる範囲で行なう…

批判ばかりされている教職員組合ですが僅かばかりかもしれませんが
この大震災に対して正面から向き合っています…。

マイナスの面ばかりではなく、そういったとりくみも
是非、取り上げていただきたいものです…。

2011年03月29日(火) 8:17 PM

ぷんぷうぃ    

首都圏を中心に停電があります。これを考えれば、福島原発がもたす恩恵は図りしれないものだと言う気がします。電車は本数が減り、信号も動かない、給食は中止で弁当持ち。。。
いかに、福島原発の停止がものすごいものだったのか。。。実感します。

今後、夏場に向け電力需要が増します。そんな中、国民はどのように対処したらよいのでしょうか?試されている気がします

計画停電なぞは、今だから出来る応急手当で、抜本的解決策とは言えません。東北地方の工場が稼動するには充分な電力と言えません。皮肉にも復興するに従い、電力不足が更に表面化してくるでしょう。
福島原発はしばらく、稼動しません。
今年に限らず、長期的な電力不足をどう補うのか?これも大きな課題です。原発がダメなら、ダムを作って水力発電でしょうか?こんなんでは、20年も30年も先の話になってしまいます。では、2酸化炭素をガンガン排出して、火力発電でしょうか?環境問題だけでなく化石燃料はここ数年、価格が急騰しこれが国民に必ずはね返ってくることが懸念されます。
確かに、風力や地熱発電という方法もありますが。。。安定的で大量の電力供給には程遠いという感があります。また、費用も時間も莫大にかかります。

ただ、単にイヤではなく、現実に今、計画停電しているわけですからもっと、建設的な議論が欲しいところですね。結果的には、原発は現実案に近いと思います。費用も安く済みますしね。
 
過疎化と高齢化により地場産業が弱い日高。。目玉になるような観光資源もありません。税収も財源もわずか。更に大きな公共プロジャクトを誘致して地域の活性化につなげて欲しいです。

高齢者の手術は苫小牧、浦河などに何とか搬送せずに出来る体制を喫緊にお願いしたいです。
急患の搬送にも、不通の多い国道を通行しなければなりません。これでは、助かる生命も助かりません。
恒久的な財源をしっかり確保して過疎切捨てにならぬような政策を立ててもらいたいです。

2011年03月29日(火) 11:27 PM

藤沢 すみお

藤沢 すみお

cp3様の言われる
<クリーンな代替エネルギーの開発とともにこのような工夫もできるのではないでしょうか?>
これは大変参考になる意見です。代替エネルギーが原子力を補うまでの間、道民ひとりひとりが節電の習慣を付け、道内の電力に余裕がもてるようにすることこそが、”まずやれること”なのかもしれませね。その運動、どのような形で進められるか、考えてみます。ありがとうございます。
次に
<批判ばかりされている教職員組合ですが僅かばかりかもしれませんがこの大震災に対して正面から向き合っています…。マイナスの面ばかりではなく、そういったとりくみも
是非、取り上げていただきたいものです…。>
了解しました。(^_^)

ぷんぷうぃ様のご意見は大変良く分かります。
現実的には、すぐに原発停止には無理があります。また、泊原発は福島原発と違った安全策が施されていますが、しかし、”人間がコントロールできない危険性”があることが判明した以上。それが解消できるまでは、事実上脱原発に向けた政策転換が必須だと私は考えます。

<大きな公共プロジャクトを誘致して地域の活性化につなげて欲しいです。高齢者の手術は苫小牧、浦河などに何とか搬送せずに出来る体制を喫緊にお願いしたいです。急患の搬送にも、不通の多い国道を通行しなければなりません。これでは、助かる生命も助かりません。恒久的な財源をしっかり確保して過疎切捨てにならぬような政策を立ててもらいたいです。>
その通りです。医療の問題は政治の役割として解決せねばなりません。まずできることは交通体系を充実させ、さらにドクターヘリの活用により救急医療を補います。しかし、それは根本の解決にはなっていません。大病院にすべて依存するのではなく、”町医者”の活用”コンビニ診療”について考える、”地域ぐるみの子ども医療の教育”なども同時進行で行う必要があります。ただし、それも根本の解決ではありません。
やっぱり、産業があり雇用が生まれ、人が住むことが必要です。医療に関しても一定需要がなければ充実できません。だからこそ、”産業振興”です。そして私は、大胆に誤解を恐れずに言っているのは”外資”の導入です。道外、海外など、広い分野から投資を迎えます。その他、地域振興はまた別のテーマで行いましょう。

2011年03月30日(水) 6:44 AM

匿名

cp3さんには攻撃的に感じるんでしょうが、私は自分の意見を正直に言ってるだけなんですがね…

ぷんぷうぃさん
福島原発はしばらく、稼働しません…って
今の福島原発の状況をみて、五年や十年で福島原発が再稼働できると思ってるんですか…?
随分と楽観的な人ですね…
また、費用も安くすみますし…って
福島原発の処理費だけでも数百億円(しかも一機当たりの処理費…)
賠償額に至っては数兆円と言われてるのに
予想だにしなかった震災の規模とはいえ
会社(東電)が潰れるくらいのリスクがあるものを
現実的な選択肢と思える感覚は今となっては理解できませんね…┐(´д`)┌
とにかく、日本人のこれまでのライフスタイルを根本から見直さず
これまでと同じ生活をしようという感覚は…┐(´д`)┌

地域のコミュニティーと経済、インフラ整備、医療、福祉、教育…etcの活性化は必要だろうけど
=原発という発想が今の日高管内の自治体や住民に支持されると思ってますか?
それこそ、現実的な感覚ではないですね…┐(´д`)┌
少なくとも私は反対運動を展開しますね…

2011年03月30日(水) 1:00 PM

匿名

忘れてました…m(_ _)m
藤沢議員
「無意味な自粛」などという抽象的な表現ではなく
一連のやりとりで出てきたような具体をもっと自分から発信すべきと私は思ってました
皆さんの意見に答えるかたちでかなり具体は示されたとは思ってますよ…

2011年03月30日(水) 6:32 PM

ぷんぷうぃ    

今の福島原発の状況をみて、五年や十年で福島原発が再稼働できると思ってるんですか…?
随分と楽観的な人ですね…

>>しばらくとは言いましたが、年数までは書いておりません。貴殿が勝手には判断してるだけです。勘違いしないように。。。

ダムの用地買収や工費。火力発電の用地買収と運営処理コスト。。。これらを考慮すれば高くはないハズです。

とにも早く電力不足に対する対策を立てないと、いけません。計画停電をいつまでもやってる訳には行きません。こっちの損害の方がマクロで見たら、かなり大きいです。工場の稼動時間の短縮などで、そのうち雇用にも影響が出てくるでしょう。

原発反対は尊重します。
前にも言いましたが、建設的な意見が聞きたかったのですが。。。。残念です。
これだと電力不足は解消できそうもないことは確かですね。

自分の思いを書いたまでです。日高で、原発が受け入れられると自分も思ってはいません。
ましてや、この時期ですから。。。無理でしょう。
ただ、それぐらい日高地方の地域経済は疲弊しているということです。貴殿は何か、地域活性策をお持ちでしょうか? 
単なる、反対なら。。。議論になりません。。。さようなら。。。

2011年03月31日(木) 12:38 AM

匿名

ぷんぷうぃさん
福島原発の廃炉が決定しましたよ…
現地も少なくとも五十年から百年は立ち入りさえ困難とか…

2011年03月31日(木) 8:47 AM

ぷんぷうぃ    

情報ありがとう ありがとうございます。
ソースを貼って頂けますか?原発の廃炉が決定したのはオドロキです。
本国会は確か開会されていないハズですが。。。。国会の討論、承認なしで決定ということだったんですね。いい勉強になりました。
電力事業は国民生活に密着しており、電力会社だけで判断できるものではないと認識していますが。。。私の間違いだったんですね。

報道には、廃炉に伴う不足分の電力について、どう報道していますか?
また、3度目ということになりますが、貴殿の電力不足についての抜本的解決策をお示しくださいませ。

また、2度目になりますが、貴殿の日高、地域振興策についてお示しください。

何度も言っております。原発反対は結構でですが、建設的な意見をお願いしたいですね。
誹謗抽象はお断りです。

2011年03月31日(木) 9:42 AM

匿名

ニュースソースは読売新聞 3月30日(水)15時24分配信の以下の記事です。
「東京電力の勝俣恒久会長は30日記者会見し、東日本巨大地震で停止している福島第一原子力発電所1〜4号機を廃炉にする方針を明らかにした。
枝野官房長官も同日、5、6号機を含む福島第一原発全体について廃炉にすべきだとの見解を表明した。」
正確に言えば、東電及び政府の「廃炉方針の決定」と言えばよかったですか…?
どちらにせよ廃炉するよりないと思いますがね…
それから対案を示せとのことですが
同じエネルギー開発関係の誘致を致を謳うなら
代替エネルギーとしてのバイオマス、風力、波力、雪氷利用の方が
よっぽど、安全で日高地方の特性(時化の多さや風の強さ、雪の量など)に適合していて
このような状況下なら、住民の理解も得られると思いますが…
コストと発電量の課題はあるでしょうが
それこそ道民のライフスタイルの見直しと
世界の代替エネルギー開発の技術力の向上の状況から考えれば
地域の活性化には有効だと思いますが…

2011年03月31日(木) 12:51 PM

ぷんぷうぃ    

情報ありがとう ございます。なるほど。。。。まだ、決定ではないようですね。廃炉にして、同敷地内に新原子炉を稼動させるのか?このようにとれないこともありません。
不足電力をどう補うのか? 廃炉の廃棄費用はどれくらいのなるのか? 福島原発を閉鎖した場合、その施設や設備の廃棄はどうやって、どこに廃棄するのか? 費用はいくらなのか?
放射能の問題もあり、大きな問題を抱えそうです。

壊れたから廃棄する。あたりまえの考えですが、。残った施設や設備を有効利用した方が、よっぽどいいと思いますが。。。。。原発の跡地には何も建たないないだろしね。
今後の動向をしっかりと見て行きたいです。

貴殿の言うとおり、エネルギーの転換は重要なのですが、実用化し、コストを削減し電力を生む。
これだけでも、大変なのに、環境に優しく持続可能なエネルギーとしなければなりません。
もちろん、保安基準も重要になってきます。うううんん。正直。。。。かなり先の話になりますね。
電力を生むコストがかなり高いハードルですね。
この点に関しては共感できた感じがします。

今日はこの辺で。。。。

2011年03月31日(木) 11:07 PM

aiqzhpxf@gmail.com

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

2012年10月16日(火) 7:58 PM

コメントを投稿

※管理人にのみ表示されます。
コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Gravatarで登録されている方は、アバターをご利用いただけます。

page top ▲